おたより

2018-08-30

味噌の日

30日は「お味噌の日」

皆さんご存知でしたか?

三十日が、「みそか」と読むことから制定されたようです。

日本人に欠かせない調味料として

酢味噌和えや田楽、味噌汁とさまざまな料理に利用されています。

 

古くは平安の時代、贅沢品と扱われ

調味料ではなく食べ物につけたり舐めたりとそのまま食べ、

庶民には手が届かない貴重品だったようです。

ときは過ぎ、戦国の時代には戦場に向かう武将たちが食料として

持ち歩いていたようです。

日持ちするようにと干したり焼いたりしていました。

大豆発酵食品なので、貴重なたんぱく源だったのかもしれませんね。

古き時代から日本人を支えてきた味噌、

現代では、味噌の種類も豊富で、出汁をとる手間を省いた出汁入り味噌と

便利な味噌も数々ありますよね。

 

今日いただく味噌汁は、なんだか格別な一品となりそうです。

 

お味噌に感謝!

 

札幌 別邸 仲じま

 

過去の記事