おたより

19,09,20

秋彼岸

9月20日(金)は、彼岸(ひがん)の入りです。

9月23日(月)の秋分の日を中日(ちゅうにち)として前後3日間、

合計7日間をお彼岸(ひがん)の期間となります。

秋のお彼岸(ひがん)は、

「祖先を敬い、亡くなった方々を偲ぶ」という日本ならではの伝統文化です。

このお彼岸(ひがん)も仏教の教えから生まれ、

ご先祖さまいる世界 < 極楽 ごくらく > を「彼岸 ひがん」

私たちが生きているこの世界を 「此岸 しがん」といい

「彼岸 ひがん」は、西に位置し、「此岸 しがん」は、

東に位置するとされているようです。

この秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、

ご先祖さまのいる世界と私たちがいる世界が、もっとも通じやすい日になると

考えられています。

お墓参りに行けずとも、静かに目を閉じてご先祖さまに感謝するのも

よいのではないでしょうか?

 

札幌 別邸 仲じま

過去の記事