おたより

2017-07-07

七夕

 

星に願いを込める素敵な七夕

 

古くは、中国から伝わった物語と言われ、

天の神様が機織りの上手な織姫と牛飼いの彦星を結婚させましたが…。

「恋は盲目」とでもいうのでしょうか。

二人は働かなくなり、怒った天の神様が二人を引き離してしまいました。

悲しむ二人を不憫に思い、天の神様が一年に一度だけ会うことをお許しになりました。

 

この星伝説とともに、乞巧奠(きこうでん)という裁縫が上達するよう

星に祈りを捧げる行事(祭事)も伝わりました。

やがて宮中行事の一つとなり、この行事が庶民にも広がり、

今に引き継がれ短冊に願いを書き込み飾られるようになったようです。

 

札幌 北海和匠 仲じま

 

過去の記事