おたより

2017-07-01

北海しま海老

 

知床半島と根室半島の間にある日本最大の砂嘴(さし)。

野付半島で獲れる「北海しま海老」6月20日に解禁となりました。

 

明治時代から変わらぬ漁法は、打瀬舟(風力舟)で白い帆をはためかせ行います。

この打瀬舟は北海道遺産の一つで、その風景はとても幻想的です。

獲れたての「北海しま海老」は、うす緑色ですが、

茹でると鮮やかな赤色になります。

 

最も美味しい食べ方はやっぱり茹でたものをそのままいただくことです。

他の海老とは比べものにならないほどのコクと旨味、

頭の部分にはミソが入っていますので、

恥ずかしがらず吸い付くように味わい、召し上がって下さいね。

 

北海しま海老 ¥1,382(税込み)

 

※ 砂嘴(さし)

岬や半島の先端から海に向かって細長く突き出たくちばし型の地形。

 

 

札幌 北海和匠 仲じま

 

過去の記事